So-net無料ブログ作成

[09月24日#1] 弦楽四重奏を楽しむ [音楽と感動]

[09月24日#1] 弦楽四重奏を楽しむ

今日は秋晴れで清清しい天気だ。早朝テニスはなし。人前で弦楽四重奏を演奏する日だ。
チェロの方が拾ってくれる。話が弾んで案内役なのに行き過ぎる。バスが前にいたからだ。
ぐるっと大回りしたら忽ち方向感覚が狂う。方向音痴が露呈する。携帯で連絡し無事到着。

改めて思い込みが激しい自分に気付かされる。定刻に4人揃い案内が来て会場へ向かう。
後部座席だ。女性二人が前で方向音痴の話題になる。結構いるみたいだが痛い所だらけ!
自己本位で説明するが相手にはさっぱり伝わらない。今は住所を言えば地図が出るって?

確かにカーナビの進歩は目覚しい。懇切丁寧だ。渋滞情報や近道サーチまであるほどだ。
反論したくなる。私は集中力が強い。目印がないか思い出してそれを伝えようとするのだ。
しかし大きな交差点などいくらでも共通点がある。一度夜に地下鉄で来た位で分からない。

リハーサルを通していよいよ本番だ。緊張を隠せるかが課題だ。いや、やっぱり無理だ。
どうしても他のメンバーの音を聴いてしまう。他の3人とも他の人の音を聴いているのだ。
朝の車で話したことだ。気の合った仲間が練習を重ねると聴かなくなる。感じて弾くのだ。

聴くのと感じるのとの違いを分かり易く説明するのは至難の技だ。敢えてトライしてみる。
音楽会に行き余り好きでない音楽を聞く。咳が出そうだ。最初のうちは我慢する。耐える。
しかしひどくなる。そこで喉飴を舐めようと思い付く。取り出す。中々袋から取り出せない。

あるいはプログラムでも見るか、と開く。客席は暗いからよく見えない。読むのは諦める。
これらの行動は自己本位だ。自分の欲求が先行する。この時に騒音を発しているのだ!
携帯の電源の切り忘れは醜態だ。切り忘れを咎める視線はきつい。入場券は安くない!

しかし無意識に出す騒音は本人には聞こえていないのだ!欲しいものに集中している!
歩道を女性が3人話しながら歩いて来る。こちらを見ている。直前になってもよけない。
チリンと鳴らす。ハッとして気が付く。何と話に夢中になって目に入る情報を処理しない!

だから運転中の携帯使用は危険で禁止すべきなのだ。普通は1回に一つしか出来ない!
演奏していて以前とは大分変わったことに気付いた。他の人の思いが感じられるのだ。
若い人は自己本位が目立つが自分もだ。四重奏を通じてコミュニケーションを再確認した。

来週はソロだ。それが済んだら四重奏や五重奏などの室内楽を再開しようと思う。秋だ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。